技術と信頼

進桜電機株式会社は、1968年(昭和43年)に富士山の麓、伊豆の玄関口のこの地に、
特殊型インダクションモーター(誘導電動機)の製造を目的として設立されました。
インバーター技術の発達に伴い、高周波スピンドルモーターの技術を確立させ、
特に木工機械業界においては、世界でもトップクラスのシェアと実績を築くことができました。

木製・アルミのドアやサッシ、フローリング、ALC外壁材、柱材、家具、建具などの
加工用モーターとして、世界中の“住”に関わってまいりました。
また、現在では工作機械業界をはじめとし、半導体(基板加工、セラミック加工)、
家電(液晶パネル加工)、自動車(エンジン加工、ガラス加工)、化学(攪拌、遠心分離)、
医薬品(攪拌、遠心分離)、食品(攪拌、遠心分離)など、国内外のあらゆる業界からお引き合いを
頂くまでに成長致しました。
今後はさらに、お客様が満足して頂ける製品づくりを目指し、世界一良いモノを早く・安く
提供することを徹底し、更なる“技術”の進歩と“信頼”を一段ずつ築いてまいります。